TOPページへ

医療ニュース

病気やケガにはさまざまな種類があり、体のどの部位におきたのか、
また、進行度によって治療費手術費にかかるお金の額が変わってきます。
当サイトでは、病気にかかってしまったときやケガをしてしまったときに
誰もが知りたい治療費用手術費用相場最新の治療方法などを
紹介しています。また、病気の原因や症状なども詳しくまとめています。


このページは、医療ニュースのカテゴリページです。




RSSアンテナ


お知らせ
当サイトはリンクフリーです。

カテゴリ:医療ニュース

子宮癌ワクチンは男の子の癌予防にも有効なことが判明

米国の医学界から、子宮癌ワクチンは男の子の癌の予防にも有効との報告が
ありました。もちろん、男の子ということなので、子宮癌自体の予防ではなく、
その他のの予防に効果があるということです。例えば、喉(のど)にできる癌や
肛門にできる癌などです。米国では、子宮がん予防として、11歳から12歳の
女の子に対し、子宮癌ワクチンを定期的に接種することが奨励されています。
しかし、現状は、子宮癌ワクチンの接種率は、3割程度にとどまっています。
子宮癌ワクチンの効果は、子宮癌の予防の他に尖圭コンジローマを予防します。
その他にも、男の子と女の子の性交渉で感染するHPV(ヒトパピローマウイルス)
感染防止の効果もあります。HPV(ヒトパピローマウイルス)は、子宮頸がん
を引き起こしたり、肛門にできるを引き起こす原因になるため、男の子も、
子宮癌ワクチンを定期的に接種することで、癌の予防に効果があると判断しました。
それに、男の子も、子宮癌ワクチンを定期的に接種することで、全体の子宮頸がん
の感染率を減らす効果があると期待できます。ただ、ワクチン自体が高価なことも
あり、女の子でも、初回の接種率は約50%程度です。米国のメディアとしては、
これから男の子への子宮癌ワクチンの定期的な予防接種が普及するのかどうかは、
懐疑的な見方をしているとのことです。子宮癌と言えば、男性には関係ないよう
に思えましたが、意外にも、その他の癌を予防する効果があるのは驚きでした。




【ニュース報道があった日付】
  2011年10月26日(水)

【ニュース記事リンク】
http://www.nikkansports.com/general/news/f-gn-tp1-20111026-854950.html
http://www.asahi.com/science/update/1026/TKY201110260200.html

(※)ニュース記事元のリンクがリンク切れの場合はご了承ください。
  ニュース元の記事は時間が経つと、削除されている場合が多いです。
  当サイトでは、ニュース元の記事が無くなってしまう場合を考えて、
  独自に管理人の感想を交えてニュースの内容をまとめています。
  (とにかく、病気を治すには情報が大事との考えがあるからです。)


関連サイト:




 

カテゴリ:医療ニュース 


サイト内検索



このサイトのTOPページへ移動



当サイトのプライバシーポリシーと免責事項について
当サイトの文章、記事、内容、画像、写真などの無断利用、無断転載を禁じます。
Copyright (C) 知っておきたい治療費用や手術費用の相場と最新治療方法 All Rights Reserved.