TOPページへ

生命保険や医療保険の知識

病気やケガにはさまざまな種類があり、体のどの部位におきたのか、
また、進行度によって治療費手術費にかかるお金の額が変わってきます。
当サイトでは、病気にかかってしまったときやケガをしてしまったときに
誰もが知りたい治療費用手術費用相場最新の治療方法などを
紹介しています。また、病気の原因や症状なども詳しくまとめています。


このページは、生命保険や医療保険の知識のカテゴリページです。




RSSアンテナ


お知らせ
当サイトはリンクフリーです。

カテゴリ:生命保険や医療保険の知識

がん保険に加入後、すぐに癌と診断されてしまった場合は保険金(給付金)を貰えるのか?

【がん保険の免責期間】


がん保険に加入してすぐ(短期間)に(がん)と診断された場合は、
保険会社から保険金(給付金)がおりるのでしょうか?(貰えるのでしょうか?)
その答えですが、がん保険に加入してから3ヵ月以内(90日以内)に
癌と診断された場合は、保険金(給付金)はもらえません。

これは、がん保険加入の不正や不公平を無くすために決められているもので、
ほとんどの保険会社は、契約日から3ヵ月以内(90日以内)の免責期間
設けています。免責期間とは、いわゆる待ち期間のことです。
癌という病気の性質上、「もしかしたら癌かもしれないから、
すぐに癌保険に入ってしまおう!」、「健康診断で癌と診断されたけど、
保険会社には内緒ですぐに癌保険に入ってしまおう!」
…などのような保険への不正加入を防ぐための待ち時間です。




【例外もありますが、基本的には免責期間があります。】


保険会社の取り扱っている保険商品によっては、免責期間が設けていない
例外の保険商品があったり、また、保険会社によっては、がん保険に加入後、
健康診断ですぐに癌と診断されてしまったことは、故意ではないと判断されれば、
保険金(給付金)が受け取れる場合もあります。ですが、基本的には、がん保険には
免責期間があると思っていてください。


【がん保険は、若くて健康なうちに加入するのが望ましいです。】


がん保険は、できるだけ若くて健康なうちに加入しておくことが望ましいです。
歳を取ってからでは、加入時の健康審査で、がん保険に加入できない場合があります。
やはり、年齢を重ねると健康を維持していくのは難しく、加入条件が厳しくなるのが
現状です。保険会社も利益を追求するいち企業ですから、わざわざ多額の保険金を
支払うとわかっている人を保険に加入させてくれたりはしません。
癌は日本人の死亡原因の第一位の病気です。そして、がん治療には、
多額の治療費がかかります。早めにがん保険に加入していれば、安心です。
がん保険にも、いろいろあり、保障の内容が異なりますので、良く内容を理解し、
納得して契約しましょう。「診断給付金は出るのか?」、「最新の治療に対して
保険金は出るのか?」、「がんが再発した場合は、また保険金はもらえるのか?」
…などなど、保障内容が良いがん保険を選ぶことが大事です。




 

カテゴリ:生命保険や医療保険の知識 


サイト内検索



このサイトのTOPページへ移動



当サイトのプライバシーポリシーと免責事項について
当サイトの文章、記事、内容、画像、写真などの無断利用、無断転載を禁じます。
Copyright (C) 知っておきたい治療費用や手術費用の相場と最新治療方法 All Rights Reserved.