TOPページへ

治療費用や手術費用の悩みを解決

病気やケガにはさまざまな種類があり、体のどの部位におきたのか、
また、進行度によって治療費手術費にかかるお金の額が変わってきます。
当サイトでは、病気にかかってしまったときやケガをしてしまったときに
誰もが知りたい治療費用手術費用相場最新の治療方法などを
紹介しています。また、病気の原因や症状なども詳しくまとめています。


このページは、治療費用や手術費用の悩みを解決のカテゴリページです。




RSSアンテナ


お知らせ
当サイトはリンクフリーです。

カテゴリ:治療費用や手術費用の悩みを解決

高額医療費制度とはどんな制度なのか?

【高額医療費制度とは?】

高額医療費制度とは、支払った医療費(治療費など)が高額な場合、
保険制度の定める月額自己負担限度額を超えた分が後から払い戻される
公的の助成制度です。高額医療費制度を利用するには、いくつか条件があります。
まず、「国民健康保険」や「協会けんぽ」などの公的医療保険に
加入している
ことです。次に、ひと月に支払った医療費(治療費など)が
月額自己負担の限度額を超えた場合です。この高額医療費制度によって
払い戻される額は、人それぞれで、対象の人の収入によって、
月額自己負担の限度額と、その算出方法(計算方法)が異なります。


また、支払った額で対象になるのは、保険診療のみで、
保険外診療で支払ったお金や入院中にかかった食事代や差額ベッド代は、
支払った額の対象には含まれません。
高額医療費制度は医療費の支払い
負担を軽減させる非常に助かる制度なので、ひと月に支払う(治療費など)の
額が高額な場合は、お得なので必ず利用するようにしましょう。
それと、高齢の患者の場合は、老人保健制度が適用されますので、
月額自己負担の限度額は異なります。払い戻される時期は、
高額医療費制度を申請してから数ヶ月以上かかるのが普通です。
(払い戻しは、だいたい3ヶ月ぐらいかかると思ってください。)




【高額医療費制度を利用するときの注意点】

高額医療費制度を利用するときに注意しておきたいことは、
月をまたぐと高額医療費の対象にならない。」という事です。
高額医療費制度の計算は、歴月ごとに行います。このため、
月をまたいでしまうと還付金がゼロになってしまうケースも
出てきてしまいますので、医療費(治療費など)の支払いは、
月ごとにまとめた方が良いでしょう。治療期間が長くなると、
還付金が戻るのと戻らないのでは、支払い額に大きく差が出ますので、
高額医療費制度を利用するときは、医療費(治療費など)の支払時期などを
病院に確認したり、相談したりした方が良いでしょう。


【高額医療費制度の申請先と必要書類】

高額医療費制度での払い戻しを受ける場合は、必ず、病院の領収書が
必要になります。申請先や必要書類については、適用する保険の種類
(国民健康保険や協会けんぽなど)により異なりますので、
受診している病院に問い合わせてください。




 

カテゴリ:治療費用や手術費用の悩みを解決 


サイト内検索



このサイトのTOPページへ移動



当サイトのプライバシーポリシーと免責事項について
当サイトの文章、記事、内容、画像、写真などの無断利用、無断転載を禁じます。
Copyright (C) 知っておきたい治療費用や手術費用の相場と最新治療方法 All Rights Reserved.