TOPページへ

症状と治療方法(子供の病気)

病気やケガにはさまざまな種類があり、体のどの部位におきたのか、
また、進行度によって治療費手術費にかかるお金の額が変わってきます。
当サイトでは、病気にかかってしまったときやケガをしてしまったときに
誰もが知りたい治療費用手術費用相場最新の治療方法などを
紹介しています。また、病気の原因や症状なども詳しくまとめています。


このページは、症状と治療方法(子供の病気)のカテゴリページです。




RSSアンテナ


お知らせ
当サイトはリンクフリーです。

カテゴリ:症状と治療方法(子供の病気)

子供のインフルエンザの症状と治療方法

「子供のインフルエンザ」の症状


インフルエンザとは、インフルエンザウイルスの感染によって、
感染する病気で、重い風邪にかかったときの症状と似ています。
主な症状としては、38度以上の高熱、頭痛、咳、鼻水、たん、寒気、
…などが挙げられます。
また、子供の場合は、インフルエンザにかかると
重症化する場合があるので注意してください。急激な発熱のため、
けいれんを起こしてしまったり、ごく稀に脳症や脳炎などと合併症を
起こしてしまう場合もあります。(急激な発熱の直後に、けいれんを
起こした場合、数分でけいれんが収まり、意識もきちんとあるならば、
インフルエンザでのけいれんではなく、熱性けいれんの可能性があります。)
インフルエンザウイルスは毎年、冬季に流行するウイルスで、
インフルエンザウイルスの潜伏期間は、約1~3日です。




「子供のインフルエンザ」の治療方法


インフルエンザの治療方法としては、まず、安静にすることと、
他の人へのウイルス感染を広げないようにしましょう。
子供が通っている学校や幼稚園などは必ず休ませるようにしてください。
インフルエンザにかかってしまった場合は、約3~4日で解熱しますが、
重い風邪の症状が続いたり、再度、発熱したりする場合もあります。
子供にインフルエンザの疑いが見られたら、まずは小児科で診察を受けましょう。


「子供のインフルエンザ」の予防方法


インフルエンザの予防方法ですが、インフルエンザが流行する冬季の前に、
ワクチンの予防注射(予防接種)を行うことで。ただし、予防接種をしていても、
インフルエンザにかかる場合はあります。インフルエンザには、いくつかの型
(A型、B型、C型…などなど)があり、毎年、流行するウイルスの型も
その年によって異なりますので、病院では、その年の流行を予測した
ワクチンが使われます。




 

カテゴリ:症状と治療方法(子供の病気) 


サイト内検索



このサイトのTOPページへ移動



当サイトのプライバシーポリシーと免責事項について
当サイトの文章、記事、内容、画像、写真などの無断利用、無断転載を禁じます。
Copyright (C) 知っておきたい治療費用や手術費用の相場と最新治療方法 All Rights Reserved.