TOPページへ

症状と治療方法(子供の病気)

病気やケガにはさまざまな種類があり、体のどの部位におきたのか、
また、進行度によって治療費手術費にかかるお金の額が変わってきます。
当サイトでは、病気にかかってしまったときやケガをしてしまったときに
誰もが知りたい治療費用手術費用相場最新の治療方法などを
紹介しています。また、病気の原因や症状なども詳しくまとめています。


このページは、症状と治療方法(子供の病気)のカテゴリページです。




RSSアンテナ


お知らせ
当サイトはリンクフリーです。

カテゴリ:症状と治療方法(子供の病気)

子供の気管支ぜんそくの症状と治療方法

「子供の気管支ぜんそく」の症状


子供の気管支ぜんそくの症状ですが、呼吸が急に苦しくなり、
呼吸時に「ぜいぜい」や「ひゅうひゅう」など、喘鳴(ぜんめい)が
発作的に起こります。気管支ぜんそくの発作は夜中に起きる傾向が多いです。
気管支ぜんそくの症状が重度の場合は、顔色が真っ青に悪くなり、
咳(せき)のたびに非常に苦しがります。また、気管支にタンが大量にたまり、
窒息する恐れがあるので注意が必要です。
気管支ぜんそくの原因としては、
細菌の感染やウイルスです。また、ホコリ、ハウスダスト、花粉、ダニ、
カビ、…などなどのアレルギーの原因と言われている物質を気管に吸いこむ
ことによって、気管支粘膜が過剰に反応し、気管支ぜんそくの症状が現れます。
気管支粘膜が過剰に反応することで、粘り気のある粘膜、つまりタンが
分泌されます。その分泌されたタンが気管支につまり、呼吸が苦しくなり、
ぜんそくの症状が引き起こされます。また、夜中に発作が多く起きる傾向から
わかるように、寝る前の考え事、心配事、精神的ストレス、環境の変化、
疲れなどが、気管支ぜんそくの症状を引き起こす誘因とも考えられています。




「子供の気管支ぜんそく」の治療方法


子供の気管支ぜんそくの治療方法ですが、気管支ぜんそくの発作(症状)が、
頻繁にみられる場合は、薬を用いり治療します。原因や症状によって、
気管支ぜんそくの薬の種類は異なり、気管支拡張剤、副腎皮質ホルモン剤、 抗アレルギー剤、などがあります。気管支ぜんそくは、症状や程度、原因によって、
それぞれ治療方法が異なりますので、子供に気管支ぜんそくの疑いが見られたら、
まずは小児科で診察を受けましょう。


「子供の気管支ぜんそく」の予防方法


子供の気管支喘息(ぜんそく)の予防方法ですが、
気管支ぜんそくの原因が、アレルギー物質と分かっている場合は、
その原因となっているアレルギー物質を排除することで、
ぜんそく発作を予防できます。それと運動をすることで、呼吸する
筋肉部分(呼吸筋)を鍛えられ、気管支ぜんそくの予防に効果があります。




 

カテゴリ:症状と治療方法(子供の病気) 


サイト内検索



このサイトのTOPページへ移動



当サイトのプライバシーポリシーと免責事項について
当サイトの文章、記事、内容、画像、写真などの無断利用、無断転載を禁じます。
Copyright (C) 知っておきたい治療費用や手術費用の相場と最新治療方法 All Rights Reserved.