TOPページへ

症状と治療方法(子供の病気)

病気やケガにはさまざまな種類があり、体のどの部位におきたのか、
また、進行度によって治療費手術費にかかるお金の額が変わってきます。
当サイトでは、病気にかかってしまったときやケガをしてしまったときに
誰もが知りたい治療費用手術費用相場最新の治療方法などを
紹介しています。また、病気の原因や症状なども詳しくまとめています。


このページは、症状と治療方法(子供の病気)のカテゴリページです。




RSSアンテナ


お知らせ
当サイトはリンクフリーです。

カテゴリ:症状と治療方法(子供の病気)

子供の麻疹(はしか)の症状と治療方法

「子供の麻疹(はしか)」の症状
子供の麻疹(はしか)の特徴は、高熱と発疹が出ることです。
はしかの発熱は38度以上の高熱になります。
咳や鼻水など、風邪に似た症状で、発熱が起きてから3日ほどで、
ほおの内側(口腔内)に小さな白い水泡ができます。
(この小さな白い水泡は、コプリック班と呼ばれています。)
その後に、全身に淡紅色の発疹が現れます。
この発疹は時間経過とともに色が薄くなって行き、
だいたい一ヶ月ほど経つと、全身に現れていた発疹は消えます。



麻疹ウイルスの潜伏期間は、およそ、10~12日です。
発熱し始めてから全身に発疹が出て5日目ぐらいまでは、
麻疹が他人に感染し易いので注意してください。
子供の麻疹(はしか)は、中耳炎、肺炎、脳炎などの合併症を
引き起こす場合があります。

「子供の麻疹(はしか)」の治療方法
現在のところ、麻疹ウイルスには特効薬はありません。
麻疹(はしか)の熱に対しては、鎮痛解熱剤などを用いて
治療を行います。子供に麻疹(はしか)の疑いが見られたら、
まずは小児科で診察を受けましょう。

「子供の麻疹(はしか)」の予防方法
子供の麻疹(はしか)は、予防接種を受けることで予防できます。



 

カテゴリ:症状と治療方法(子供の病気) 


サイト内検索



このサイトのTOPページへ移動



当サイトのプライバシーポリシーと免責事項について
当サイトの文章、記事、内容、画像、写真などの無断利用、無断転載を禁じます。
Copyright (C) 知っておきたい治療費用や手術費用の相場と最新治療方法 All Rights Reserved.