TOPページへ

症状と治療方法(子供の病気)

病気やケガにはさまざまな種類があり、体のどの部位におきたのか、
また、進行度によって治療費手術費にかかるお金の額が変わってきます。
当サイトでは、病気にかかってしまったときやケガをしてしまったときに
誰もが知りたい治療費用手術費用相場最新の治療方法などを
紹介しています。また、病気の原因や症状なども詳しくまとめています。


このページは、症状と治療方法(子供の病気)のカテゴリページです。




RSSアンテナ


お知らせ
当サイトはリンクフリーです。

カテゴリ:症状と治療方法(子供の病気)

子供の百日ぜきの症状と治療方法

「子供の百日ぜき」の症状


子供の百日ぜきは、百日ぜき菌の感染による伝染性の病気で、
特徴としては、レプリーゼと呼ばれる激しい特有の咳(せき)が
長期間(だいたい4週間~6週間程度)続きます。子供の百日ぜきは、
まず最初に、風邪に似た症状がでます。咳、くしゃみ、鼻水、鼻づまり、
発熱などが1週間~2週間程度続き、百日ぜき特有の咳が現れます。
百日ぜき菌の潜伏期間は、1週間~10日程度です。百日ぜきの咳は、
「コンコン」と数分間の咳が続き、その後に定期的に、「ヒュゥゥゥー」っと
息を吸い込む感じの咳です。百日ぜきの発作は、一日に数回程度あります。
だいたい1回の発作は、約2分~3分程度です。乳幼児の場合、
百日ぜきのレプリーゼと呼ばれる特有の咳で、呼吸困難に陥り、
死亡するケースもあるので注意してください。




「子供の百日ぜき」の治療方法


子供の百日ぜきの治療方法としては、百日ぜきが発症した初期の段階に、
抗生物質を用いり治療します。ただ、百日ぜきの症状が強い場合は、
抗生物質が効かない場合があります。もし、子供に百日ぜきの疑いが見られたら、
すぐに小児科で診察を受けましょう。


「子供の百日ぜき」の予防方法


子供の百日ぜきの予防としては、予防接種を受ける方法があります。
子供の百日ぜきの予防接種は、生後6ヶ月頃が目安と言われています。




 

カテゴリ:症状と治療方法(子供の病気) 


サイト内検索



このサイトのTOPページへ移動



当サイトのプライバシーポリシーと免責事項について
当サイトの文章、記事、内容、画像、写真などの無断利用、無断転載を禁じます。
Copyright (C) 知っておきたい治療費用や手術費用の相場と最新治療方法 All Rights Reserved.