TOPページへ

症状と治療方法(子供の病気)

病気やケガにはさまざまな種類があり、体のどの部位におきたのか、
また、進行度によって治療費手術費にかかるお金の額が変わってきます。
当サイトでは、病気にかかってしまったときやケガをしてしまったときに
誰もが知りたい治療費用手術費用相場最新の治療方法などを
紹介しています。また、病気の原因や症状なども詳しくまとめています。


このページは、症状と治療方法(子供の病気)のカテゴリページです。




RSSアンテナ


お知らせ
当サイトはリンクフリーです。

カテゴリ:症状と治療方法(子供の病気)

子供の急性胃腸炎の症状と治療方法

「子供の急性胃腸炎」の症状


急性胃腸炎(きゅうせいいちょうえん)とは、急に胃腸が炎症を起こす病気です。
急性胃腸炎の主な症状は、下痢、腹痛、嘔吐、吐き気などです。また、倦怠感や
発熱をともなう場合がほとんどです。症状が重度の場合は、激しい下痢や
血便が出る場合もあります。急性胃腸炎の原因は、ウイルスの感染や細菌の
感染などです。海外旅行などに行き、旅行先の現地の食材や飲み水で感染する
こともあります。暴飲暴食や冷えが原因の場合もあります。ペットなどから、
ウイルスの感染や細菌感染することもあります。急性胃腸炎は、ほとんどが、
感染性の胃腸炎です。食事後、あまり時間が経っていないのに、急性胃腸炎に
似た症状がみられる場合は、急性胃腸炎の疑いがあります。




「子供の急性胃腸炎」の治療方法


急性胃腸炎の治療方法ですが、症状が軽い場合は、食事を一時、抜いたりし、
経口での水分摂取だけにして安静にしておけば、一日程度で治ります。
(食事を一時、抜くのは、腸管を休ませるためです。) 急性胃腸炎の症状が
重い場合は、投薬や点滴(輸液)を行います。嘔吐や下痢、発熱などが酷い場合、
身体から水分が失われるので、脱水症状になりやすい。脱水症状の対処法としては、
電解質系の飲料(スポーツドリンク)などで水分を補給するのが大切です。
ただし、飲み過ぎには十分注意してください。子供に急性胃腸炎の疑いが見られたら、
まずは小児科で診察を受けましょう。




 

カテゴリ:症状と治療方法(子供の病気) 


サイト内検索



このサイトのTOPページへ移動



当サイトのプライバシーポリシーと免責事項について
当サイトの文章、記事、内容、画像、写真などの無断利用、無断転載を禁じます。
Copyright (C) 知っておきたい治療費用や手術費用の相場と最新治療方法 All Rights Reserved.