TOPページへ

再生医療技術を併用した低身長症治療法は、高度医療と承認

病気やケガにはさまざまな種類があり、体のどの部位におきたのか、
また、進行度によって治療費手術費にかかるお金の額が変わってきます。
当サイトでは、病気にかかってしまったときやケガをしてしまったときに
誰もが知りたい治療費用手術費用相場最新の治療方法などを
紹介しています。また、病気の原因や症状なども詳しくまとめています。


このページでは、再生医療技術を併用した低身長症治療法は、高度医療と承認についてまとめています。




RSSアンテナ


お知らせ
当サイトはリンクフリーです。

再生医療技術を併用した低身長症治療法は、高度医療と承認

低身長症の患者さん自身の骨髄液を採取し、骨を形成する(骨を作る)細胞を培養、
その後、培養したものを患者さんの体内に戻して骨の形成を促進させる
再生医療技術が厚生労働省の高度医療評価会議で、高度医療として承認されました。
高度医療に承認されたことにより、患者さんにとっては医療費の負担が
これまでよりも軽くなります。これまで、軟骨無形成症などの低身長症の治療では、
まず足の骨を切断して骨の間にわざと隙間を作り、その隙間がある部位の骨の
自然修復を利用して隙間を埋めるという治療方法だった。しかし、この治療方法
の場合、感染症の危険性も高く、手術やリハビリ(リハビリテーション)を含めると、
およそ約1年間もの治療期間が必要だった。現在、低身長症の患者さんは、
日本国内に約1万人弱います。今回の再生医療技術低身長症の治療に役立つ
医療技術であるため、これまでの治療方法と併用することで、低身長症の
治療期間を短縮できるとのことです。いつも思うのですが、厚生労働省は何を
やるにも、何を決めるのにも仕事が遅いです。これは慎重に決めてるとかのレベル
ではなくて単に仕事が遅いだけです。今回の低身長症治療の再生医療技術の件も、
もっと早く、高度医療と承認すべきだったのではないでしょうか。




【ニュース報道があった日付】
  2011年7月26日(火)

【ニュース記事リンク】
http://www.yomiuri.co.jp/science/news/20110726-OYT1T01163.htm

(※)ニュース記事元のリンクがリンク切れの場合はご了承ください。
  ニュース元の記事は時間が経つと、削除されている場合が多いです。
  当サイトでは、ニュース元の記事が無くなってしまう場合を考えて、
  独自に管理人の感想を交えてニュースの内容をまとめています。
  (とにかく、病気を治すには情報が大事との考えがあるからです。)


関連ページ:





 

カテゴリ:医療ニュース 


サイト内検索



このサイトのTOPページへ移動



当サイトのプライバシーポリシーと免責事項について
当サイトの文章、記事、内容、画像、写真などの無断利用、無断転載を禁じます。
Copyright (C) 知っておきたい治療費用や手術費用の相場と最新治療方法 All Rights Reserved.