TOPページへ

子供の急性虫垂炎(きゅうせいちゅうすいえん)の症状と治療方法

病気やケガにはさまざまな種類があり、体のどの部位におきたのか、
また、進行度によって治療費手術費にかかるお金の額が変わってきます。
当サイトでは、病気にかかってしまったときやケガをしてしまったときに
誰もが知りたい治療費用手術費用相場最新の治療方法などを
紹介しています。また、病気の原因や症状なども詳しくまとめています。


このページでは、子供の急性虫垂炎(きゅうせいちゅうすいえん)の症状と治療方法についてまとめています。




RSSアンテナ


お知らせ
当サイトはリンクフリーです。

子供の急性虫垂炎(きゅうせいちゅうすいえん)の症状と治療方法

「子供の急性虫垂炎」の症状


急性虫垂炎(きゅうせいちゅうすいえん)とは、盲腸炎とも呼ばれ、
盲腸(大腸の先端部分を盲腸と言います。)の虫垂部分に起こる炎症
のことです。急性虫垂炎の症状としては、急にお腹が痛み始めます。
最初は、オヘソ周辺やみぞおち周辺などから痛み始め、徐々に
右下腹部辺りに痛みが移ります。急性虫垂炎は、右下腹部の強い痛み
が特徴です。急性虫垂炎のはっきりとした原因は分かっていませんが、
虫垂に異物や硬い便(虫垂糞石)などが詰まって炎症を起こしたり、
また、ウイルスや細菌が感染し、血行の流れが悪くなることが誘因
して急性虫垂炎が発症するとも考えられています。




「子供の急性虫垂炎」の治療方法


急性虫垂炎の治療は、虫垂の切除手術や抗生物質の投与を行います。
急性虫垂炎は基本的には、切除手術が行われます。切除手術が
行われた場合、だいたい1週間から10日ほどで退院できます。
虫垂炎だけでなく、腹膜炎などが併発している場合は、入院期間は
さらに長くなります。小さな子供では、はっきりとした急性虫垂炎の
症状が現れない場合もありますが、子供に急性虫垂炎(盲腸炎)の
疑いが見られたら、すぐに小児科で診察を受けてください。





 

カテゴリ:症状と治療方法(子供の病気) 


サイト内検索



このサイトのTOPページへ移動



当サイトのプライバシーポリシーと免責事項について
当サイトの文章、記事、内容、画像、写真などの無断利用、無断転載を禁じます。
Copyright (C) 知っておきたい治療費用や手術費用の相場と最新治療方法 All Rights Reserved.