TOPページへ

治療費や手術費の支払いで生活が苦しい場合、生活保護は受けられるのか?

病気やケガにはさまざまな種類があり、体のどの部位におきたのか、
また、進行度によって治療費手術費にかかるお金の額が変わってきます。
当サイトでは、病気にかかってしまったときやケガをしてしまったときに
誰もが知りたい治療費用手術費用相場最新の治療方法などを
紹介しています。また、病気の原因や症状なども詳しくまとめています。


このページでは、治療費や手術費の支払いで生活が苦しい場合、生活保護は受けられるのか?についてまとめています。




RSSアンテナ


お知らせ
当サイトはリンクフリーです。

治療費や手術費の支払いで生活が苦しい場合、生活保護は受けられるのか?

【生活保護を受けられる条件】

重い病気にかかってしまった人の場合、今までの仕事を続けられずに
失業してしまう人も少なくはありません。仕事を失い、生活のための
安定した収入がなくなることで、治療費や手術費を支払うことが苦しく
なってしまいます。もし、収入が生活保護の基準として決められている
最低生活費より少ない場合は、生活保護の制度を利用することで、
生活や治療費などで足りない分の金銭、および、サービスを受けることが
可能です。生活保護の制度は、日本国憲法の第25条で定めれれている
「すべて国民は、健康で文化的な最低限度の生活を営む権利を有する。」
に従い、全ての国民の生活を保障し、自立を援助するためのものです。
この生活保護の制度を利用する場合は、自分が住んでいる市町村にある
福祉事務所に申請を行います。住んでいる地域によっては、福祉事務所がなく、
役場の福祉課の窓口で申請を受け付けているところもあります。




【生活保護の申請の現状】

今日では、日本の政治家や官僚たちの悪政や税金の無駄遣いのために、
日本経済の低迷が長年続き、日本人全体の生活が苦しくなっています。
そのため、生活保護の申請件数は、年々増加しているのが現状です。
そして、生活保護費の不正請求の数も目立って多くなっています。
そのためか、審査は厳しくなっており、生活保護の申請は簡単には
通らない場合が多いのも現実です。
審査の際には、家族の収入なども
チェックされます。しかし、重い病気にかかっていて、実際に収入が
少なかったり、収入が全くなかったりして、治療費や手術費の支払いが
できない場合は、生活保護の申請の際に、現在の生活状況、および、
病院の医師からの病気の状態や見通しなどの意見を一緒に
上手く伝えることで、生活保護の申請は通る場合が多いです。

たとえば、病院の医師から、「治療が長引きます。」などの意見を
もらっているなど。数年前に本当に生活保護が必要な人を役場の人の
いい加減な判断で見捨ててしまい、社会的なニュースになったことも
ありましたが、きちんと現状を伝えることで、現在はちゃんと生活保護の
対応をしてもらえると思います。治療費や手術費の支払いが苦しい場合でも、
生活保護を利用できる場合がありますので、まずは、自分が住んでいる市町村
にある福祉事務所か、役場の窓口などに相談してみましょう。





 

カテゴリ:治療費用や手術費用の悩みを解決 


サイト内検索



このサイトのTOPページへ移動



当サイトのプライバシーポリシーと免責事項について
当サイトの文章、記事、内容、画像、写真などの無断利用、無断転載を禁じます。
Copyright (C) 知っておきたい治療費用や手術費用の相場と最新治療方法 All Rights Reserved.