TOPページへ

子供の学習障害の症状と治療方法

病気やケガにはさまざまな種類があり、体のどの部位におきたのか、
また、進行度によって治療費手術費にかかるお金の額が変わってきます。
当サイトでは、病気にかかってしまったときやケガをしてしまったときに
誰もが知りたい治療費用手術費用相場最新の治療方法などを
紹介しています。また、病気の原因や症状なども詳しくまとめています。


このページでは、子供の学習障害の症状と治療方法についてまとめています。




RSSアンテナ


お知らせ
当サイトはリンクフリーです。

子供の学習障害の症状と治療方法

「子供の学習障害」の症状


子供の学習障害(LD)は、学習や集団行動などにおいて困難を伴う障害で、
身体の感覚器に異常はなく、知能もしっかりしているのに、特定の能力、
例えば、読み書きなど、言葉の認識能力の障害(読字障害)、
計算など、数字の認識力が弱い(算数障害)、年齢に相応する
書字能力がない(書字表出障害)などがあります。
LDとは、「Learning Disability(ラーニングディスアビリティー)」の略称です。
子供の学習障害は、注意欠陥多動性障害(ADHD)を伴っている
場合もあります。学習障害(LD)の子供は、そのことに劣等感を
持ってしまったり、不登校になってしまう場合があります。




「子供の学習障害」の治療方法


子供の学習障害の原因は、脳の機能障害を考えられています。
また、遺伝性があります。しかし、現在の医学では、
子供の学習障害について詳しいことがわかっていないのが現状です。
子供の学習障害の治療としては、教育の仕方を中心に、
その学習障害のタイプによって変わってきます。
学齢期(義務教育を受けるべき年齢のこと)以上で読み書きなどの
意志の伝達ができない場合は、学習障害の疑いがあります。
もし、子供に学習障害の疑いが見られたら、まずは小児科で
診察を受けましょう。





 

カテゴリ:症状と治療方法(子供の病気) 


サイト内検索



このサイトのTOPページへ移動



当サイトのプライバシーポリシーと免責事項について
当サイトの文章、記事、内容、画像、写真などの無断利用、無断転載を禁じます。
Copyright (C) 知っておきたい治療費用や手術費用の相場と最新治療方法 All Rights Reserved.