TOPページへ

乳癌(にゅうがん)の治療費用や手術費用の相場

病気やケガにはさまざまな種類があり、体のどの部位におきたのか、
また、進行度によって治療費手術費にかかるお金の額が変わってきます。
当サイトでは、病気にかかってしまったときやケガをしてしまったときに
誰もが知りたい治療費用手術費用相場最新の治療方法などを
紹介しています。また、病気の原因や症状なども詳しくまとめています。


このページでは、乳癌(にゅうがん)の治療費用や手術費用の相場についてまとめています。




RSSアンテナ


お知らせ
当サイトはリンクフリーです。

乳癌(にゅうがん)の治療費用や手術費用の相場

乳がんの治療にかかる平均自己負担総額と平均入院日数などをまとめました。
また、乳がんの治療費用乳がんの手術費用の相場の情報以外にも、
乳がん治療乳がん手術に役立つ情報も掲載しています。


【乳がんの治療費+手術費の平均自己負担額(相場)】


約746,000円

乳がん治療の治療+手術にかかるお金は、
基本として、治療費用(健康保険7割+自己負担3割)です。

それに加え、必要な場合は以下の料金も加わります。

  • 先進医療部分(全額自己負担)
  • (差額ベッド代)
  • 入院時食事代(食分260円まで+健康保険から給付)
  • 民間療法(全額自己負担)
自己負担が高額になった場合、
高額医療費制度で払い戻しが受けられます。
関連ページ:高額医療費制度とはどんな制度なのか?


【乳がんの平均入院日数】


約16日
医療技術の進歩により、年々、平均入院日数は減少傾向にあります。
ただし、患者さんの年齢が上がれば、
入院日数は平均よりも増えると考えてください。




【乳がんの治療費や乳がんの手術費がない場合はどうすればいいのか?】


(がん)の治療費手術費は決して安くはありません。
もし、乳がんの治療費乳がんの手術費がご用意できない場合は、
いくつか解決策がありますので、以下のページを参考にしてください。


関連ページ:癌の治療費や手術費が用意できない場合(お金がない場合)はどうすればいいのか?
関連ページ:治療費や手術費の支払いにローンは組めるのか?(ローンを使えるのか?)
関連ページ:がん保険に加入後、すぐに癌と診断されてしまった場合は保険金(給付金)を貰えるのか?
関連ページ:治療費や手術費の支払いで生活が苦しい場合、生活保護は受けられるのか?

【癌(がん)の種類】


乳癌(乳がん)


【乳がんの症状の特徴】


乳がんの症状の特徴には、以下のようなものがあります。

  • 乳房にしこりがある
  • 乳頭がひきつれる
  • 乳房の皮膚がくぼむ
  • 乳頭から血の混じった分泌液が出ることがある
  • 乳首やその周辺がただれる
  • 左右の乳房で大きさが違う

【乳がんの治療方法】


乳がんの治療方法としては、外科療法、化学療法、ホルモン(内分泌)療法、
放射線療法など、これらを組み合わせた集学的な治療方法が行われます。
現在は、乳がんの手術で乳房の温存術も進歩しています。
特定の癌細胞(がんさいぼう)だけを攻撃する分子標的治療薬も
乳がんの治療法として注目されています。
乳がんの5年生存率は、全体で約75%です。


【乳がんの遺伝子診断による予防方法の研究について】


乳がんの新しい予防方法の研究は日々、進められています。現在ですと、
乳がんの遺伝子診断による乳がんの予防方法に期待が高まっています。
乳がんの遺伝子診断とは、その人の遺伝子を診断することにより、
将来、乳がんになってしまう可能性が高い人を乳がんになる前に発見し、
乳がんが発症しないように早期に乳がん予防を行うという予防方法です。
最近の研究では、将来、乳がんになってしまいやすい遺伝子の種類が
少しずつ解明されてきています。例えば、BRCA1、BRCA2、
BRCA3と呼ばれる種類の遺伝子は、家族性の乳がんの原因に関係している
遺伝子なのが研究により分かりました。近い将来、乳がんの遺伝子診断によって、
ほぼ完全に、乳がんが発生してしまうリスクを特定できる日が
来るのかも知れません。





 

カテゴリ:治療費用や手術費用の相場 


サイト内検索



このサイトのTOPページへ移動



当サイトのプライバシーポリシーと免責事項について
当サイトの文章、記事、内容、画像、写真などの無断利用、無断転載を禁じます。
Copyright (C) 知っておきたい治療費用や手術費用の相場と最新治療方法 All Rights Reserved.